競馬情報

競馬の重賞レースについて思う所を書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルは今年、5月13日に行われます。東京競馬場の芝1,600mで開催され、フルゲートで18頭が出走可能であり、4歳以上の牝馬によるレースとなっており、負担重量は55kgの定量です。

まだ今年で7回目の開催と、ヴィクトリアマイルの歴史はまだ浅いですが、牝馬限定で古馬が出走出来るGIレースが過去エリザベス女王杯のみだった事を考えると、有意義なレースであると思います。

距離もエリザベス女王杯は2,200m、ヴィクトリアマイルは1,600mと異なる点も、長い距離が不安な牝馬にとっては都合が良く、又、春と秋にそれぞれ一つずつGIレースがある事も、ローテーションが組み易く、ファンとしても楽しめるものになったと感じています。

年明けから春に開催される、古馬が出走出来る国内のGIレースは、フェブラリーステークス、高松宮記念、天皇賞(春)、安田記念、宝塚記念の5つで、どれも牝馬が安易に勝てるレースではありません。

確かにスプリント戦である高松宮記念は牝馬にもチャンスはありますし、安田記念ではウォッカやブエナビスタが牡馬相手に奮闘していますが、それはあくまで例外として見るべきで、純粋に考えれば、やはりそうそう簡単に牝馬にチャンスが回ってくるものでもありません。

秋のエリザベス女王杯への一極集中するよりは、やはり現在の様に春と秋に2分し、多くの牝馬にチャンスを与えた方が、競馬関係者にとっても、競馬ファンにとっても、楽しみが増え、レベルも高くなる様に思います。

今年のヴィクトリアマイルへ向けて、そろそろメンバーも固まってくる頃ですが、果たしてどの牝馬に女王の称号が与えられるのか、目が離せません。

色々な情報を集め、予想し、ヴィクトリアマイルのレース当日を東京競馬場で楽しみたいと思います。

皆さんも是非、生でご覧になってはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoshikiz.blog.fc2.com/tb.php/8-77a1892c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。