競馬情報

競馬の重賞レースについて思う所を書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRA GI 天皇賞(春) 検証

天皇賞(春)は、京都競馬場の芝3,200mで行われる、GIレースです。

フルゲートでは18頭の出走が可能で、負担重量は牡馬が58kg、牝馬が56kgとなっています。

天皇賞(春)の前に行われる、阪神大賞典(GⅡ)、日経賞(GⅡ)、大阪杯(GⅡ)で1着、もしくは2着となった馬に優先出走権が与えられ、他にも賞金を加算するべく、日経新春杯(GⅡ)、アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)、京都記念(GⅡ)、ダイヤモンドステークス(GⅢ)などの重賞が開催されています。暮れのレースも含めると、ステイヤ
ーズステークス(GⅡ)も重要なレースになってくると思います。

今年の天皇賞(春)で、145回目を向かえる事になりますが、天皇賞は秋にも開催されており、回数に関しては、春、秋で連番になっており、145年目を向かえている訳ではありません。しかし、冠の通り長い歴史を持つ偉大なレースであり、いわゆる「八大競争」に含まれる伝統と格式のあるレースです。

近年では距離を短縮する議論もなされていますが、個人的には現行の様に3,000mを超えるGIレースが1つでもあった方が良い様には思いますが、天皇賞(春)を避けて海外のレースに参戦し、強豪馬が天皇賞(春)に出走しなくなる、という事態が頻繁に起きてしまうのであれば、やはり議論も重要になってくる様にも思います。

連覇するサラブレッドもなかなか現れず、3.200mという長丁場をクリア出来るステイヤーが減ってきた様にも思いますが、ステイヤーが出走する名GIレースは天皇賞(春)だという事を日本国内だけでなく、海外へも発信していける事を期待したいです。

さて、天皇賞(春)へ向けてどの馬が挑戦権を得て、参戦を表明するのか、今年も前哨戦を含めて見守っていこうと思います。

2012年4月29日を楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoshikiz.blog.fc2.com/tb.php/6-66fb5f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。