競馬情報

競馬の重賞レースについて思う所を書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシック第一弾 JRA 桜花賞(GI)を検証

牝馬クラシック第一弾、桜花賞が近付いてきました。
桜花賞は今年で72回目を迎える、非常に伝統あるレースで、阪神競
馬場の芝1,600mで開催されます。

桜花賞には、トライアルレースというものがあり、獲得した賞金が
少なくても、トライアルレースの結果次第では出走が可能になると
いう、デビューが遅れた馬にもチャンスをきちんと与えられる格式
のあるレースでもあります。

トライアルレースについて検証してみようと思いますが、まずは桜
花賞と同じ開催場所であり、同じ距離で行われるチューリップ賞(G
Ⅲ)が、桜花賞への展望を計る上で、最重要なレースではないでしょ
うか。チューリップ賞では、上位3頭までに桜花賞への優先出走権
が与えられ、もし新馬戦だけしか勝利していない馬でも、3着以内に
入れば、賞金に関係なく、桜花賞へ臨む事が可能です。

次に、同じく阪神競馬場での開催ですが、距離が200m短い、フィ
リーズレビュー(GⅡ)があります。フィリーズレビューもチューリッ
プ賞同様に、上位3頭までに桜花賞の優先出走権が与えられます。

そしてもう1つが、中山競馬場の芝1,600mで行われるオープン戦、
アネモネステークスです。アネモネステークスはグレードが無いオ
ープン戦なので、上位2頭までに桜花賞への優先出走権が与えられ
ます。

上記3レースが桜花賞のトライアルレースとなっていますが、他に
も賞金の加算できる、エルフィンステークス、フェアリーステーク
ス、クイーンカップ、フラワーカップなどがあり、どのレースに臨
み、桜花賞への切符を手にするのか、各陣営の戦略も、見ていて非
常に面白いものかと思います。

さて、今年はどの牝馬に桜が舞うのか、今から待ちきれませんね。
クラシック第一弾、桜花賞を楽しんでいきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoshikiz.blog.fc2.com/tb.php/4-65fc27f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。