競馬情報

競馬の重賞レースについて思う所を書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念 JRA GI 検証

さて、今年2012年の高松宮記念は3月25日に開催されます。

去年は中京競馬場の改修工事が行われていた為、阪神競馬場で行われましたが、今年は中京競馬場での開催へと再び戻ります。

去年の高松宮記念では、8歳馬のキンシャサノキセキが、競馬史上初めて連覇を達成し、又、最高齢での勝利馬となり、リスボリ騎手が外国人ジョッキーとして初めて制覇するなど、多くの記録が生まれたレースとなりました。

キンシャサノキセキが引退した現在、次なる短距離界のスターホースがどの馬になるのか、予想が難しい限りです。

上記で示した通り、高松宮記念を連覇した馬がキンシャサノキセキ以外おらず、短距離界は常に混戦模様を呈しています。配当が荒れる事もしばしばで、ある意味競馬ファン泣かせのGIレースであるかもしれません。

今年の高松宮記念の本命は、去年のスプリンターズステークスを制したカレンチャンでしょう。

牝馬で牡馬から2kg減で出走する事が出来る点でまず有利な上、香港への遠征では5着に敗れたものの、国内では目下5連勝中と、成績は頭1つ抜けています。

主戦で騎乗している池添騎手は去年オルフェーヴルで史上最年少でのクラシック3冠ジョッキーとなるなどGI6勝を含む、重賞14勝を挙げており、今年も目が離せません。

牡馬としては近年の牝高牡低にそろそろ終止符を打ちたいところですね。

短距離界に新たなスターホースが現れるのか、秋に続いてカレンチャンが牡馬を引っ張っていくのか、今年も高松宮記念を満喫したいと思います。
スポンサーサイト

JRA フェブラリーステークス(GI)予想 検証

フェブラリーステークス予想の為の検証。

いよいよ今年初のJRA GIレース、フェブラリーステークスが近付いてきました。

フェブラリーステークスは東京競馬場のダート1,600mで行われますが、スタート直後の100m弱は芝となっています。

近年のダートレースでGIレースを勝っている馬を思い浮かべてみると、エスポワールシチー、トランセンド、スマートファルコンなどが浮かびますが、共通しているのが3頭ともに逃げ(稀に先行)脚質である点です。

言うまでもなく、逃げ馬はスタートしてからハナに立つ為に、他の馬よりも前に行かなければなりません。

前に行くには多少は気合をつけなければならず、体力も最初に使ってしまう事になります。

よって、ゴール前では差し馬や追い込み馬に抜かれてしまう事も多々あります。

出走馬の多くが先行馬だとハイペースになりやすく、後方にいる馬が有利。出走馬の多くが差し馬だとスローペースになりやすく、前目にいる馬が有利。というのがザックリとした予想となる訳ですが、上記に挙げた3頭に限っていうと、このザックリとした予想は全く通用しない様です。

最後の直線でも差し馬と同じ脚を使うんですから、当然前にいた方が有利です。他の馬を管理する関係者方はたまったものではないでしょうね。

芝のレースを走っていた馬で思い浮かぶのは、サイレンススズカ。

まさにああいったレース展開なのです。

今年のフェブラリーステークスには、トランセンドとエスポワールシチーが出走しそうですが、去年のジャパンカップダートと同様のレースとなるのか、はたまた、この逃げ馬達を捉える差し馬が現れるのか、注目していきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。