競馬情報

競馬の重賞レースについて思う所を書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRA フェブラリーステークス(GI)予想 検証

フェブラリーステークス予想の為の検証。

いよいよ今年初のJRA GIレース、フェブラリーステークスが近付いてきました。

フェブラリーステークスは東京競馬場のダート1,600mで行われますが、スタート直後の100m弱は芝となっています。

近年のダートレースでGIレースを勝っている馬を思い浮かべてみると、エスポワールシチー、トランセンド、スマートファルコンなどが浮かびますが、共通しているのが3頭ともに逃げ(稀に先行)脚質である点です。

言うまでもなく、逃げ馬はスタートしてからハナに立つ為に、他の馬よりも前に行かなければなりません。

前に行くには多少は気合をつけなければならず、体力も最初に使ってしまう事になります。

よって、ゴール前では差し馬や追い込み馬に抜かれてしまう事も多々あります。

出走馬の多くが先行馬だとハイペースになりやすく、後方にいる馬が有利。出走馬の多くが差し馬だとスローペースになりやすく、前目にいる馬が有利。というのがザックリとした予想となる訳ですが、上記に挙げた3頭に限っていうと、このザックリとした予想は全く通用しない様です。

最後の直線でも差し馬と同じ脚を使うんですから、当然前にいた方が有利です。他の馬を管理する関係者方はたまったものではないでしょうね。

芝のレースを走っていた馬で思い浮かぶのは、サイレンススズカ。

まさにああいったレース展開なのです。

今年のフェブラリーステークスには、トランセンドとエスポワールシチーが出走しそうですが、去年のジャパンカップダートと同様のレースとなるのか、はたまた、この逃げ馬達を捉える差し馬が現れるのか、注目していきたいと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。